Windows8 環境でのCBTシステムご利用につきまして


Windows8環境の Internet Explorer には、2つの動作状態があり、CBTシステムのご利用は「デスクトップ用 Internet Explorer」からのみとなります。

動作モード動作モードの概要 CBTからのご利用 
デスクトップ用 Internet Explorer スタート画面から「デスクトップ」のタイルをクリックしデスクトップを開いた後、
Internet Explorer のアイコンをクリックすると開きます。
ModernUI用 Internet Explorer PC出荷直後の初期状態でスタート画面から直接 「Internet Explorer」の
タイルをクリックすると開きます。
タッチでの利用を優先し、フルスクリーン状態のみでの利用が特徴です。
×

デスクトップ用 Internet Explorer を開く方法は次の通りとなります。


方法1:デスクトップ用 Internet Explorer を開く方法

1.1.Windows8のスタート画面から「デスクトップ」と書かれたタイルをクリックします。


1.2.左下にある「Internet Explorer」のアイコンをクリックすると、デスクトップ用 Internet Explorerが起動します。



方法2:「スタート画面」の Internet Explorer タイルから デスクトップ用 Internet Explorer を開くように変更する

通常は、「ModernUI用 Internet Explorer」が開きます。
代わりに、「デスクトップ用 Internet Explorer」が開くように変更するには、次の手順で設定いただけます。
方法1だけでもご利用いただけますが、ご不便な場合のみご利用ください(本設定は、必須ではございません)。

2.1.Windows8のスタート画面から「デスクトップ」と書かれたタイルをクリックします。


2.2.左下にある「Internet Explorer」をのアイコンをクリックします。



2.3.Internet Explorer が開きましたら、右上にある歯車のアイコンをクリックし、更に続けて「インターネット オプション」のメニューをクリックします。



2.4.「プログラム」タブをクリックし、「Internet Explorer タイルをクリックするとデスクトップで開く」をチェックしてから、[OK]をクリックします。

   ※この設定がご不要になった際には、「Internet Explorer タイルをクリックするとデスクトップで開く」のチェックを外せば元に戻せます。


上記設定の実施後は、Windows8のスタート画面から「Internet Explorer」タイルをクリックすると
デスクトップ用 Internet Explorerが開きます。